添加物は危険

添加物は危険

私は防腐剤、合成着色料など必要以上に添加物が多い食べ物には注意しています。

 

長持ちする食べ物

どうしてこんなに消費期限が長いのだろう?と原材料名を見ると、かなりカタカナのややこしい名前が列挙されています。

保存料である「ソルビン酸」が入っていない食品を選んで買います。

※なお、ソルビトールとは別物ですのでご注意ください。

 

マクドナルドのハンバーガーは腐らない

何年か前、マクドナルドのハンバーガは腐らない、というYoutubeがありました。

今のマクドナルドは添加物を入れていないと言うのを聞きますが、私はマクドナルドのハンバーガーはもう7〜8年は口にしていません。

 

お菓子メーカーでも差がある

お菓子を買う時にスーパーで良く見るのですが、ブルボンは添加物が少ないと思いますのでブルボンは積極的に買うようにしています。その他森永なども買います。

 

カップラーメンの原材料名

これも「まるちゃん」は少ないので購入しますが、添加物が多いメーカーの物は避けています。

以前、うどん系が冬限定で販売されていたのですが、その時は添加物のことなど気にせずに1ケース買いました。

毎日食べていると、気持ち悪くなってしまったことがあります。

結局ケースの半分は捨てました。

 

添加物排除をしていましたが・・・

添加物が入っているものは買わないようにし始めたのですが、突き詰めていくと添加物が入っていないのはごく稀です。

ほとんどの加工食品には添加物が入っています。

一時、期過敏なまでに添加物を排除しようと思っていました。

今は『極力添加物の少ない食品』を買うことにシフトしています。

添加物なしの加工食品を買わないようにすると、実は食べるものがなくなるのです。

 

風邪を引かなくなった

少しでも食品に気を使うようになってからは風邪をひきにくくなっているような気がします。

実際、添加物に無頓着だった時代は毎月のように風邪を引いていました。

今は年に1回引くかどうかくらいになりました。

もっとも、風邪を引かないので薬を飲む量も圧倒的に少なくなりましたが・・・

 

添加物はなるべく摂らない方が身の為

風邪をよく引く、とか、虚弱体質などの方は上の注意点を思い出してみてください。

これはあくまでも私個人の経験や感覚なので強制するつもりはありませんが、もし見直しの一助になれば幸いです。

添加物を全て排除できますか?

食物を長く保つ為の保存料は今や欠かせない存在になっています。

歯ざわりを良くする為の添加物もあります。

見た目の鮮やかさを美しくする為に着色料があります。

これらを含む食品を食べたからと言って即体が不調になることはまずないでしょう。

私はそう思い、何も考えず食べていました。

ただ一旦これが気になり始めるとどうしても完全に排除したくなるのが人情でしょう。

最初は私も原材料の項目を目をさらにして確認していましたが、完全に排除する事は自給自足の生活をしない限り無理だと思ったのです。

では今までやっていたことが無駄なのか?

食品を摂取する為のセキュリティだと思えば無駄にはならない筈。

そこで頭を切り替えて『出来る限り』少なく摂る、と考え直しました。

その『出来る限り』を自分の目標として食生活を考え直しています。

今はまず買わない物としてカットされた袋詰めやパックのサラダ。

買ったことのある人なら分かると思いますが何故朝切った野菜が翌日も変色しないのでしょうか?

これは保存料を添加しているからに他なりません。

面倒臭いですが、丸々のレタスとか半分にカットしたレタスを買い自分で処理します。

ま、ちぎるだけですけど…

このように自分の労力はなるべく惜しまないようにすることによって、保存料の摂取を少しでも減らすようにしています。

お昼、近くにコンビニしかない場合はコンビニのおにぎりとか弁当とか、その他の食べ物を口にします。

環境により添加物を摂取せざるを得ないこともあるので、完全に排除する事は出来ないと考えています。

私と同じような考えの方も、面倒臭いと思う反対意見の方もいるかも知れませんが、是非可能な限り摂取量を低減していきましょう。