50歳前後で膝が痛い人は3ヶ月あることをすれば改善する可能性あり【実体験から】

今から約10年ほど前。

膝が徐々に痛くなり始め、歩くのに支障をきたすようになって来ます。

最初はそれほど気にしていなかったのですが、徐々に痛くなり、その年の10月頃近くの病院に。

「電気治療で様子をみましょう」とのこと。

しばらく通うものの、あまり改善しない。

そこで大きな病院で診察をしてもらうことにします。

 

大きな病院は手術を推奨(私は拒否しました)

大きな病院と言うのは時間通りに診察はしてくれません。

予約時間から遅れること3時間。

ようやく診察してもらうことに。

(その前にレントゲンは撮っています)

「半月板の損傷ですね。」(かる〜い感じで、当たり前のように言われました)

「手術しましょうか」

私『え!?手術ですか?手術しないと治らないものでしょうか?』

「そうですね。半月板は自然治癒のように元通りにはならないので。」

私『手術するってどうするんでしょうか?』

「膝の部分に部ボルトを入れることになります」

私『どれくらいかかるものですか?』

「2ヶ月もあれば歩けるようになりますよ」

私『・・・』

私『他に方法はないものでしょうか?』

「ヒアルロン酸注射を打って様子を見る方法もあります。1ヶ月に2回くらいですかね」

私『それでお願いします』

 

何か方法はないものか?

医者が診察してヒアルロン酸注射を打つのはほんの3分。

待ち時間は相変わらず2時間以上。

これでは仕事ができない。

 

膝が痛くなるに至った経緯を振り返ってみると

私はリフォームを生業としています。

毎日体を動かしているので何の問題もないと思っていましたが、実は。。。

 

体を動かしているどころか怠惰な生活を送っていたことに気づく

確かに現場で体を動かしているのは事実。

でも移動は全て車。

全く歩いていないと言うことに気づきます。

それも自覚はありませんでした。

家族に言われて初めて「確かに歩いていない」と思うようになったのです。

万歩計で測っていなかったので今となっては前後の歩数は全く不明です。

 

1日30分歩くことを始める

考えてみると「歩くことが嫌い」であり、車が移動手段で仕事で道具を運ばなくてはならないから車は絶対に必要。

と言い訳を考えながら運転をしていました。

 

意外とつらい「歩き」

それまで習慣にないので「歩く」ことを意識しないと「歩かない」ので本当に習慣化するまでに時間がかかった、と言うより心理的につらかったと言うのが本音です。

 

30分歩くことを目標に

買い物やコンビニに行くことも車だったのを歩くようにし、電車で行けるところは駅まで歩く。

片道30分あるところは自転車に乗るように。

 

自転車も織り交ぜて運動

歩き始めると膝も痛いので早くは歩けません。

しかし膝の痛みを堪えながらだましだまし歩くようにし、歩くことに加えて自転車の移動も多く取り入れるように。

自転車運動は膝関節の柔軟性を促してくれるのか、以前よりギクシャクした歩きではなくなっていました。

 

3ヶ月続けると痛みが緩和される

あれだけ運動嫌いだった私もさすがに「50歳で年寄りみたいな歩き方はまずい」と思い続けました。

家族にはモモや膝下のふくらはぎが細いと言われ、筋肉が落ちているのだとも言われていました。

 

筋肉がつき始めると痛さがやわらぐ

膝の半月板損傷なので半月板を鍛えることはできません。

医者にも半月板の再生はない、と言われていたので。

しかし人間不思議なもので、膝以外の筋肉で膝を支えることができるのだと分かってくるとさらに筋肉をつけようとするのです。

 

千代の富士の脱臼癖は筋肉をつけることでカバーしていた

千代の富士が横綱だった頃、脱臼する癖があったけど、肩に筋肉をつけることで脱臼癖を抑えた、と言う話を思い出します。

体操の選手も腰痛をカバーするために筋肉をつけて補ったなどと言う話を聞くと一部分がダメになっても他が補ってくれる生物の不思議を思い知らされます。

 

手術しなくて本当によかった!

この歩きと自転車で脚に筋肉がつき始めると痛みが徐々になくなっていきました。

太ももを見ると以前より太くなっていると思います。

痛かった頃の太ももの太さを測っていなかったので比べることはできません。

あの時手術をしていたら、脚の中にボルトが入っていたり、普通に歩くことはできなかったかもしれません。

もしかすると手術後は普通に歩くことができるようになっていたのかもしれません。

でもボルトを抜くなどの2次的な手術も必要になっているのかもしれません。

いずれにしても自分の筋肉で補って今は普通に(と言うより他の人と比べても少し速めに)歩くことができますし手術をしなくて本当に良かったと思っています。

 

50歳前後で膝が痛い人は3ヶ月筋肉をつければ改善する可能性あり

西洋医学にはお世話になっていますが、盲信するのはやめたほうが良い場合もあることを知ってください。

医師の診断も100%とは言えません。

自分の体は自分がよく知っているはずです。

面倒臭いとか体が言うことを聞かない、など心理的にこ負担が大きい膝の痛みですが、もし手術をする前の人がいたら、一旦自身の体を鍛えてみてから、を私は推薦します。

この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

逆流性食道炎は寝る前の飲食によることが多い

逆流性食道炎は夜寝る前の飲食を減らした方が良い

先日、健康診断を受けました。

胃カメラ検査も行いました。

3年前に胃潰瘍の前段階のようなものが多く腸も少しですがダメージを受けていました。

昨年はコロナの影響で受けていません。

今年はどうなっているだろう?と思いながら胃カメラ検査をしました。

潰瘍は消えていた

キレイなものです。

と検査した医者は半笑いで言いました。

過去の結果から心配していましたが、キレイなもんです。

心配入りません。

ただ、逆流性食道炎が少し見受けられます。

夜寝る前に飲食はしていますか?

寝る前に飲食しています

ダイエットをしている(少し血圧が高い為)ので大食いはしていませんが、そのせいか夜お腹が減ってしまうので、どうしてもお菓子を食べています。

21時以降は食べないように

それはわかっているのですが、どうしても食べてしまう自分がいるのです。

自制できれば苦労はしない、と言うと、これは完全に他人事ですよね。

ダメです。

今胃の状態が良いのは

  • ストレスが少ない
  • 刺激物をあまり食べない
  • 酒は飲まない
  • 胃に負荷をかける食べ方をしていない
  • 水分をよく摂る
  • 腹八分目(とはいかないまでも九分目かな・・・)

だと思います。

皆さんも自制できれば、健康的な食生活をしてください。

脂質制限か糖質制限か

血圧が上がったことでめまいがしたことから、今年は体重を減らすよう努力しています。

周囲の人間に「糖質制限しないと体重は減らない」とか

「資質制限しないとダメ」とか専門家でもないのに色々言われてどちらが良いのか正直分かりませんでした。

糖質制限すると

お米の量を減らすので、確かに体重は減っていきます。

でも満腹状態にならないので、お菓子とか余計なものを食べてしまう。

結局なかなかやせられない。

やせることイコール我慢と言う図式。

夜食べると太ると言うのでご飯は80g。

肉を多くして4ヶ月くらいやってみましたが、やはりお腹が空くのでお菓子に依存してしまい、4ヶ月で2キロ減量。

栄養士に相談

血圧が上がったので掛かりつけの医者ができたのです。

2ヶ月に1回診察があるのですが、4ヶ月経過した時、お腹が空くのでどうしても食べてしまう、と白状したら

「栄養士と相談してみてください」という成り行きになりました。

脂質制限をすることに

正直に日頃の食生活を言ってみたのですが、怒られることもなく「食べちゃいますよね〜」と同意してもらったことでなんだか嬉しくなって、もっと正直に話しました。

「じゃ、今までご飯80gだったので、これから200gにしましょう。きちんと食べてください」と。

「ただし、おかずは少なくしてください。おかずを少なくご飯を食べてお腹を満たしましょう」と言われました。

「もう一つ。運動はしましょう。一日15分は歩いてください」

お腹が満たされると

ご飯を200g食べると、初日は「食い過ぎた!」と思ったのですが、意外とご飯は日本人に合うのだな、と思ったのはお腹いっぱいになったのでお菓子を食べなくても良い感じに思えたことです。

でも・・・食べちゃいますけど・・・でも食べる量はかなり減りました・・・

満腹になってしまい自己嫌悪

あちゃ〜

かなり食べてしまった、と自己嫌悪に陥った最初の夜でしたが、翌朝体重を測ると・・・

意外にも体重が減っているのです。

私は食べてしまったので体重が増えたと思っていたのですが逆に結果になりました。

運動しないとリバウンド

当たり前のことですが、仕事でも家でも運動量が減った次の日は確実に体重が増えています。

ここのところ雨だったから、と自分に言い訳をして過ごしている今日この頃です。

還元水素水とアルカリイオン水

 

還元水素水とアルカリイオン水の違いは何か?

調べれば調べるほど分からなくなる。

還元水素水生成器が壊れた

先週、還元水素水生成器が壊れてしまったのです。

30万円以上した機械が、10年も経たずに壊れてしまったのはかなり辛い。

しかし、この水のお陰で体調は良かったので感謝はしていますが、それにしても10年はもって欲しかった…

新しい生成器を探す

壊れた生成器はプロトンコーポレーション製でした。

今年、葉書が来てプロトンコーポレーションは閉鎖。

その後のメンテナンスは・・・

と思っていた矢先に壊れてしまった。

アルカリイオン水

プロトンの後継の会社で買おうかと思ったものの、また10年もしないうちに壊れてしまったら30万円は高く感じる。

10年使用できれば年間3万円と言う計算になるが、仮に8年で壊れたら年間4万円弱になる。

確かに還元水素水の効果はあったのだろうとは思うが、目に見えて効果があったとはなかなか思えない。

1つ思い当たる節があったのは顔のシミが減ったことだろうか。

あとは胃の調子が悪くなることがほとんどなかった。

でもこれは本当に還元水素水を飲んだ成果かどうかははっきりしない。

添加物摂取を抑えた

水の効果もあったのかもしれないが、添加物摂取を減らす努力はした。

還元水素水を飲むとかなり小便が近くなるのは事実。

これによってかなりのデトックスはあったのだと考えようと思っている。

風邪を引くことが少なくなった

毎年6回は風邪を引いていた自分がほとんど風邪を引かなくなったのも事実。

それは還元水の効果もあるかもしれないが

  • 添加物の排除
  • 適度な運動

と加えて最近のマスク着用が功を奏しているのだと思える。

するとこの4点のことを考えれば水の効果は単純に25%に過ぎないと結論づけた。

アルカリ生成機

還元水素水を備えた浄水器を調べると軒並み数十万円。

それならばアルカリ水が作れれば良いと考えパナソニックのアルカリ浄水器を購入した。

今はアルカリの水を飲んでいるが還元水素水は飲んでいない。

これでしばらく様子を見ようと思う。

仮に3年で壊れたとしても1年1万円ほどでアルカリ水が飲めるならかなり安い買い物だと思う。

この水にするしないは別としても、適度な運動と添加物の排除は私がこれだけ風邪を引かなくなったことを考えると、是非お勧めしたいものです。

微熱7度、咳が出る、はコロナなのか風邪なのか?

熱や咳などの症状は風邪なのかコロナなのか?

3日前に少しだるさが出たので熱を測ったら7度ちょうどでした。

咳が少し出たので心配になり計測後はどこにも出かけず夕食後はすぐ就寝。

 

翌日測ったら平熱

朝、起きたばかりに計測すると5度9分だったので、これは正確でないと思い、しばらくしてから再度計測しました。

6度5分。

平熱に戻っていました。

夕方は少し戻して6度8分になりましたが

 

疲れからくる防御反応

去年の春から風邪も引かなくなったし、ましてやコロナにもかかっていない。

過去のブログで書いた通り私はかなり頻繁に風邪を引いていたのですが、薬を極力飲まないようにし、添加物も極力排除しました。

ただし仕事が忙しいとどうしてもお惣菜を買ってきたり、弁当などに頼ったりしました。

その結果、揚げ物が多くなり中性脂肪値もかなり高くなりました。

それらを反省材料として改善をして風邪は引きにくくなっていました。

しかしコロナのご時世。

少しでも熱が出るとかなり神経質になるもんだ、と我ながらそう思いました。

疲れや神経疲労などが溜まっていたのは事実ですが、スクワット運動、腕立て伏せや腹筋運動をここ2週間くらいサボっていたのでそれが原因かもしれません。

何しろ体温を上げる(筋肉で体温を上げる)ことで免疫力はかなり上がるはずです。

 

病院で診てもらったら風邪

今年に入ってすぐ「めまい」がしたので病院で診てもらったら血圧が高いので体重を減らすと言う課題を突きつけられました。

先週血液採取をして今日診察だったので、ちょうど良いタイミングで風邪になったもんだと思いました。

結果のどが赤くなっているので、これが原因と判断。

薬を飲むのは久しぶりなので、かなり効果があるようで、今はのどの違和感も熱も問題ない状態です。

 

しかしそれにしてもこの時期に風邪は引きたくないですね。

コロナなのかどうかもわからないのですから。

 

ワクチン

今日から世田谷区と八王子市で老人を最優先でワクチン接種が始まりました。

早く1年半前のように自由にどこにでも行ける状況に戻れば良いな、と今回の発熱を通してつくづく思います。

朝起きたら首の凝りと頭痛になる【その対策】

朝目覚めたら首が凝っていて頭痛の前段階

しばらく首の凝りがなかったので油断していたらまた首凝りになっていた。

原因を考えるよりも首の凝りを無くしたい。

 

原因は枕か枕に置く頭の角度なのか

寝る前に頭が痛くなることは多いけれど、朝起きて首が凝っているのは最悪。

頭痛薬は飲まないと決めたので我慢できないくらいでなければ飲まない。

そこで思い出した。

 

首凝りを治すタオルで首を引っ張る方法

このブログ(2021年2月21日)で紹介した方法を再度試してみたら、首がポキッと鳴って割と楽になったので報告します。

頭が大きいから首が凝るのかもしれませんが、もし、私と同じように頭が大きく、首凝りから頭痛になる方は一度試してください。

  1. タオルを首に引っ掛けて両手でタオルの両端を持ちます。
  2. タオルを持った両手を顔の前に出し首は後ろに引っ張るような格好にします
  3. タオルを顔よりも上に持ち上げます
  4. この時顔は上斜め上を向きます
  5. タオルを両手で引っ張りながら首はタオルに寄り掛かるようにして
  6. 顔は45度上を向くようにしながらタオルを両手で引っ張ります
  7. 5秒間首と手でタオルの引っ張り合いこをします
  8. 5秒後すぐに力を抜かないでゆっくりと力を抜くようにします
  9. また5秒間同じように引っ張り合い、その後ゆっくりと力を抜きます
  10. これを5回繰り返します

上記で重要なのは5.と6.です。

タオルの位置で寄り掛かるように首をタオルに預け、反対の手は力を入れて引っ張ります。

私はこの時にポキッと音がしました。

その後楽になりました。

 

結論:首凝り解消はタオルで1分

タオルで引っ張り合いこをします。

首の下の方をやったら少し上にタオルをずらして繰り返します。

少しずつ上にずらしながら5回ほど行うようにしましょう。


できる限り頭痛薬(鎮痛剤)は飲まないように心がけてください。

 

便秘気味だったら漬物を食べてみて

便秘気味だったら「ぬか漬け」を

日本人が昔から食べているのは漬物。

しかもぬか漬け。

ヨーグルトや朝鮮漬け(キムチ)なども腸内活動を活発化させると言いますが、日本人なら「ぬか漬け」を忘れないで欲しいです。

乳酸菌が豊富で日本人の体に合った食べ物だと言えると思います。

 

便秘に効く?

便秘に効く。というと薬機法に引っかかるので言いません。

しかし「ものは試し」と思って継続して食べてみて下さい。

今はスーパーでもぬか漬けを売っています。

ぬかを洗い流して水を拭き取ってから切れば数日はご飯のお供になるのでおすすめです。

 

乳酸菌が豊富

私の説に心強い裏付けの記事を見つけましたのでご覧ください。

漬物博士に学ぶ・・・

私が思っている以上に栄養価が高い食物です。

あの明石家さんまも自家製の糠床を持っているようで、ほんまでっかTVで「糠床をかき混ぜると手がすべすべになんねん。ほいで右手だけで混ぜると右手だけすべすべになるから最近は左手でも混ぜてんねん」と言っていました。

私は無精な人間ですから糠床を保持するのは難しいと思うのでスーパーのぬかの付いた漬物を買っています。

なお、ぬか漬けがない時は納豆を食べています。(漬物と納豆と同時に食卓に並ぶこともあります)

 

結論

ぬか漬けは乳酸菌が多く含まれているので腸内活動が活発になります。

花粉症対策の為の食べ物選び

花粉症の症状を緩和するには

花粉症の季節です。

花粉症をどう抑えるかが日常生活に欠かせない戦いです。

 

来年の花粉症に備える

現在花粉症で悩まされているあなたは今年は花粉症の薬で対応して下さい。

しかし来年も再来年も同じ症状で苦しみたくなかったら次の項目を試してみて下さい。

 

体の改善

  • 頭痛薬、抗生物質、風邪薬、栄養補助剤、加工食品に含まれる添加物を極力排除
  • 水素水がベストですがアルカリイオン水などを1日できるだけ多く飲む
  • 筋肉をつける(保持する)

 

薬品の排除

頭が痛くても頭痛薬を飲まない、栄養補助剤を飲まない、添加物を極力避けて食品を買う

 

水素水を飲む

一日に3リットルは飲むようにします。

体から尿によって不必要な物を排泄するため水を飲みます。

 

筋肉をつける

運動したり筋力アップをすることで風邪を引きにくい体を作ります。

最初は歩く時間を1日20分多くすること。

スクワットを1日10回すること。

脚の筋肉をつけると血の循環が良くなり、筋肉がつくと体を温めるようになるので風邪を引きにくい体になります。

 

結論

10年前までは花粉症に悩まされていました。

下を向くと鼻水がスーッと流れ出てしまう。

くしゃみは止まらない。

目の当たりが赤く腫れる。

そんな状況だった私も薬品を(極力)排除することで今は「くしゃみがたまに出る」「目はかゆいが我慢する」くらいの症状で済んでいます。

試してみる価値があると思いませんか?


誰にでもできるアンチエイジング

アンチエイジングは誰でもできる

老化を遅らせることですが、見た目だけのことではないと思いませんか?

確かに実年齢より若々しい人もいますが体内の老化を遅らせることも大切です。

 

アンチエイジングの食べ物

と、その前に。

普段食べているものから見直すことも大切なアンチエイジングだと思います。

例えば白米から無農薬栽培の玄米にするとか。

ちなみに私は無農薬栽培かどうかはわかりませんが、自然農法のお米を五部付きにしてもらっています。

少し玄米に近いので栄養価は白米よりもかなり高いです。

 

アンチエイジング用の特別な食べ物

アンチエイジング用の食べ物はないと私は思っています。

例えばアーモンドは抗酸化作用があるので良いと言われます。

後はポリフェノールが良いのでワインは良いとか。

テレビで癌にならないから良いと聞くとスーパーですぐ売り切れになってしまう現象もあるようです。

でもよくよく考えてみると継続していない気がしませんか?

その時は食べても数ヶ月すると忘れてしまう。

私もその1人ではあるのですが。。。

 

普段の食生活を少し見直すことでアンチエイジングはできる

普段、買い物をする時に少しだけ原材料に目を向けてみませんか?

できるだけカタカナの原材料が少ないものを選ぶようにするだけでも近い未来の老化を少しでも先延ばしにできるのです。

 

白糖はきび糖に

すでに10年近く守っていることは白糖を使わないこと。

ファミレスやコンビニでは使わざるをえませんが、家では「きび糖」を使っています。

きび糖や黒糖は自然の製法なので、無駄に白くなく本来のサトウキビそのものでミネラルも含んでいます。

ちょっとしたことで体が喜ぶなら、あれこれ考えるよりも楽しみながらアンチエイジングできる方が良いと思いませんか?

是非日常の食品の見直しをしてみてください。

栄養剤の副作用

栄養剤は必要か

栄養剤、栄養補助剤などは本当に必要でしょうか?

薬を飲まなくなって体調が良くなった

今は50歳台の私ですが、20歳台〜40歳台までは栄養剤、滋養強壮剤はかなり飲んでいました。

「疲れた」と思い込んでいたのです。

特に20歳台なんて疲れるはずもないのに、疲れたと思い込む。

薬を飲むのは悪循環

「疲れた」と思うので栄養剤を飲む。飲むことで「回復した」と思い込むからまた飲む。

もちろん飲んだ後は確かに体力が回復している気分になります。

しかしこれを繰り返していくと体が慣れてきて「効いた」感覚は薄れます。

そうなると余計に「疲れた」と言う感覚が襲ってきます。

強迫観念から「飲まなければ疲れる」と思い、飲み続けることになります。

効果がなくなる

薬で疲労回復をすると自己回復能力がなくなってしまうので、風邪を引きやすくなります。

すると風邪薬を飲みます。

ここでまた薬に頼る体に傾いて行きます。

自然治癒力

人間には自然治癒能力が備わっています。

しかし、薬に頼りすぎるとこの自然治癒力が弱くなります。

何故なら薬の力で回復するクセがついてしまい、自分で治そうとする脳の働きも弱まるからです。

薬を飲まなくなって

風邪を引きにくくなったのは1番の収穫です。

花粉症も薬を飲むと、薬を飲まなければならない体に変化してしまうようです。

花粉症の薬を全く飲まなければ一番良いのですが、花粉が多く飛ぶ時は鼻水やくしゃみが出るし目がかゆくなり涙も出るので仕方なく飲みます。

でもできる限り我慢します。

我慢している方が症状が抑えられると言う不思議に遭遇しています。

「花粉からの防御反応だから一度花粉症になると一生続く」とテレビからの情報で刷り込まれています。

しかし、一時期よりも最近の方が症状が軽くなっているのは薬をできる限り飲まない生活に改善しているからだと私は逆に思い込んでいます。

明石家さんまが一度も風邪を引かないと言うのもある意味思いこみのなせる技かと思います。

薬に頼らない体を

皆さんも薬に頼らない体、自然治癒力の高い体に改善しませんか?