英会話を独学で勉強する方法

英会話の経験がゼロの人の為の4つのポイント

  • YouTubeで英語の短いフレーズを聞いて覚える
  • 繰り返し聴きながら声に出して真似するといつの間にか耳が慣れてくる
  • YouTubeで英会話の動画を勉強する
  • 文型5個を覚えて単語を当てはめていく

上記の4つはあくまでも独学をするためのものです。

正直かなり根気が必要だと思います。

短いフレーズはネイティブが良く使うフレーズなので覚えておけばあちこちで聞くので相手の感情がわかりやすいです。

繰り返して声に出すことで体になじんできます。

日本語に訳すのではなく英語のまま脳が処理できるようになるとベストです。

短いフレーズだけでは会話は成り立たないので会話をする必要が出てきます。

YouTubeで英会話を検索して日常会話の練習をします。

特に疑問文が聞き取れるようにしないと相手からの質問が分かりません。

質問されていても『???』となり返答ができない状態になるので疑問文が聞き取れることは非常に大切です。

文型は中学生で習う5文型が分かれば単語やイディオムを当てはめていくだけなのでこちらの言いたいことを伝えることができるようになります。

 

独学は根性が必要

上の方法である程度までは英会話ができるようになると思います。

しかし1人で継続して行うのは努力と根気が必要です。

ほとんどの人が途中で挫折してしまうと思います。

できれば相手がいた方が途中で義務的になったとしても継続はできるものです。

英会話スクールに行くのであれば毎週何曜日の何時からとスケジュールを決めるので嫌でも行くようになりますが独学は自身の精神力に委ねられるので、ここが一番のネックになるのではないかと思います。

 

根気よく聴き続けて耳を慣らす

YouTubeなどで英語のフレーズを覚えるコンテンツがあります。

例えば短いフレーズが延々と続くものがあります。

これは文法はほとんど関係ないものです。

ネイティブがよく使うフレーズなので覚えておいて損はないと思います。

映画を観てもこのようなフレーズは出てくるので、耳が慣れていれば「あ!あれか!」とわかるはずです。

 

英会話の動画を見る

あまり良い見本はあまりないように思いますが探してみてください。

どんな場所でどんなシチュエーションで話しているかがわかるようになると良いです。

 

アメリカ人のネイティブのようにはならない

ネイティブのようにはすぐにはなれないでしょう。

ネイティブはスラングや流行り言葉をふんだんに取り入れて話しますから、日本に住んでいる限りではアメリカで何が流行っているのか(言葉)などはいくらインターネットが発達してもわからないと思います。

それからネイティブは発音の省略をしたり前の単語と後ろの単語を繋げることが多いので慣れなければ聞き取ることは難しいです。

 

日常会話ができるようになることが第一目標

中学校で習った5文型を覚えればあとは単語を当てはめて行くだけなのでこれをお勧めします。

私はアメリカにいた頃少しは話せたのでアメリカ人に良く言われたことがありました。

「お前の英語はかたい」と。

つまりスラングを使うこともなく(知らないから)砕けた言い方もしない(これも知らないから)ので打ち解けた言い方ではなく学校教育で習うような話し方になっていたからです。

それでも自分の思っていることを伝えることはできるし、相手の言っていることも80%くらいはわかったので、仮にこちらの言い方が堅くても普通に会話はできました。

 

FENがゆっくりに聞こえる

私はアメリカに3ヶ月だけですが滞在していました。

最初はアメリカ人の話す速度がマシンガンのようだと感じていました。

しかし3ヶ月毎日英語を使っていると(アメリカだから当然なのですが)日本語に置き換えなくても理解できるようになっていました。

本当は1年くらい滞在したかったのですが、できずに3ヶ月で帰国しました。

日本に戻って3日目くらいにFEN(極東放送)を聞いたら何とゆっくり話しているのです。

アメリカに行く前は早すぎてわからなかったのが3ヶ月アメリカ滞在という環境に慣れたらFENが非常にゆっくりに聞こえるのです。

これが脳の変化です。

 

脳の退化

逆に今は英語を話さなくなって30年近く経過しました。

毎日日本と言う環境です。

日本語しか話せません。

今はFENは速すぎて聞き取れません。

脳が変化したからです。

 

毎日英語を聞く習慣を身につける

毎日英語を聞く習慣にする。

覚えるくらいに繰り返し繰り返し聞いて脳に刷り込む。

毎日繰り返していると1ヶ月もすれば覚えたことは聞き取れるようになっているはずです。

 

自分で声に出して英語を話してみる

覚えたフレーズや文章は自分でも声に出してみると少しづつでも話せるようになるはずです。

話すと聞くができれば英会話の初歩ができると言うことになります。

 

5文型と単語とイディオム

あとは文型と単語とイディオムを覚えましょう。

これで独学で英会話ができるようになります。

あとは根性あるのみ!

がんばりましょう!

英語が話せるようになりたい

英語が話せるようになりたい

英語は誰でも話せるようになると思っています。

誰でも?

多分ほとんどの人が話せるようになると思うのです。

 

耳を慣れさせる

私は30歳位の時に英会話の学校に行きました。

60万円くらい払ったと思います。

その学校はチケットを前払いで買うシステムでした。

最初は物珍しさと払った金額の多さから義務的には行くのですが、なかなか外国人の先生の言っている内容がよくわかりません。

一生懸命、英語を日本語に訳そうとします。

学生からの日本人の癖ではないかと思います。

訳している間に会話は先に進むので置いてけぼりの状態になり、こちらからも発話する機会がありません。

乗り気ではないので週1回程度しか行かなかったと思います。

 

運命の分かれ道

あと半年で残りの回数券を使い切らないとただの紙切れになってしまいますよ、とスタッフから宣告を受けます。

勿体無いので週に3回くらい通うようにしました。

割と頻繁に行くようになり始めて15回目くらいだったと思います。

外国人先生の話が何となく聞き取れるようになり始めます。

 

耳が順応し始めた

最初は全部が聞き取れるわけではありません。

単語が聞き取れたり、文脈で半分聞き取れるようになったりし始めます。

 

少し聞き取れるようになると楽しくなる

義務的に行っていたレッスンも、楽しさを知ると毎日通うようになります。

毎日通うようになると聞き取れる割合もどんどん多くなっていきます。

もちろん、簡単な会話ですから、こちらも英語で話すようになります。

 

話せるようになると聞き取れるようになる

逆に聞き取れるようになると話せるようにもなるのです。

あれほど面倒くさくて行く気がしなかった英会話のレッスンも楽しくて仕方がないほどになります。

単語の意味も英語で説明されます。

半分はわかるけど半分はわからない。

そんな時は英和辞典で確認します。

すると単語力も増えていきますます面白くなります。

 

耳が慣れるのは脳の変化

ある日突然聞き取れるようになったのを今でも覚えています。

それはイヤイヤでもそれまでの回数を重ねた蓄積があったからだと思いますが英語が英語のまま理解できる瞬間があります。

私は脳が変わったからだと思っています。

耳が慣れるとは言いますが、結果的には脳がその音声を処理するのですから脳が英語での(日本語に訳さないまま)理解できるように置き換わったと言ったほうが良いでしょうか。

これを体験できると本当に楽しい時間になります。

 

英会話はできる方が良いから始める

そんな漠然とした目標で始めると挫折しやすくなります。

仮にアメリカ人の彼女(彼氏)ができたとしたら、いやでも英会話をしなければならない状況になります。

恋人同士だから多分英会話も楽しいと思います。

例えば留学をするのを最初に決めて、そのために英会話ができるようにすると言うようなことでも良いと思います。

 

英会話ができるようになるには

  • 毎日30分でも良いので会話ができる環境にする(英会話学校)
  • YouTubeで英語のコンテンツを観る(耳を慣らす)

少なくともこの2つは最低限必要です。

 

英会話は毎日行えば脳が活性化する

私は英会話をしなくなって30年が経過しますが、今はほとんど話すことができなくなりました。

それは脳の退化です。

話さなくなるとたまに話そうとすると恥ずかしさが先に来て英語を発することすらできなくなってしまいます。

さらに相手の言っていることがわからなくなります。

面倒くさくても毎日聴き続けたり会話をしたりしなければ英語はやがて話せなくなります。

英語の勉強方法は次回以降にします